札幌医科大学の再生医療が公的医療保険の対象に!

今年の1月頃、北海道の民放テレビ局で

札幌医科大学の再生医療の取り組みについて放送されていました。

内容は、事故などで脊髄損傷をして寝たきり状態になってしまった方に

再生医療の治験をして、効果が上がっているというものだったのですが


治療方法としては、患者さんの血液と骨髄液を使い

骨髄液に含まれるある細胞を培養して製品化したのち

その患者さんに点滴で体内に注入して戻すというもので


治験の結果はかなり良く

寝たきりだった方が普通に歩いて退院されたという方も

いらっしゃったそうです。


そして、この治療の際につかう再生医療等製品を

「ステミラック注」というそうなのですが


この「ステミラック注」がこの度、公的医療保険の適用になり、

高額療養費制度を使うことができるようになったそうです。


高額療養費制度とは簡単にいうと

医療機関の窓口で自己負担額が一定額を超えた場合

その超えた額は手続きをすると支給してもらえる制度で


年齢・年収によって自己負担の上限額は変わりますが

一例を出しますと


70歳以上で年収330~770万(医療費3割負担)の場合

窓口で1か月30万円支払ったときは(医療費総額100万ということ)

手続きすると212570円を支給してもらえて、

最終的な自己負担額は87430円となります。

(ちょっとした計算式を使ってこの額を出します)


参考までにですが

今回の「ステミラック注」の薬価代は約1500万円とのことです。


全額自己負担だと

だれもが受けられる治療とはいい難くなりますね。


対象となる患者さんについてなど

詳しくは札幌医科大学のHPをご覧くださいませ。

1人でも多くの患者さんが救われますように。

グッドライフプランニング

元病院受付のファイナンシャルプランナーです。家計から資産運用、相続等お金にまつわる諸々の相談をお承りします。調子が良くない時は、まず近くのお医者さんに行きますよね。お金の相談も同じです。まずは近所のお医者さんに掛かるくらいの感覚でご相談ください。