高額療養費制度と民間医療保険の関係性について思う事

高額療養費制度については、少し前に比べると

雑誌やネットなどでちょくちょく記事が見られるようになりました。


簡単に言うと、日本の社会保険制度に入っている方は

治療費が高額になったら

高額療養費制度でカバーしますよという話なのですが


「公的医療保険制度について理解できました

病院で治療費が高額になったら、お金を出してもらえるみたいなので

現在加入中の民間医療保険は全て契約解除します」


と、もし誰かに言われたら、ひとまず全力で止めます。


持病や入院歴、預貯金、家族構成など

バックグラウンドを含めた上で、

医療保険に加入するのかしないのか

加入するなら毎月いくら支払うことができるのか

など、保険の見直しには総合的な情報が大切だからです。


平成29年3月に金融庁から「顧客本位の営業に関する原則」

が公表されています。

この原則を採択して、取り組み方針などの公表を行っている

企業名については金融庁のHPにリストがあります。


保険会社や証券会社などはあくまでも「会社」ですので

利益の追求が必要です。


営業社員は会社員である以上、日々知識を付け、顧客の対応をしています。

顧客が営業社員から提示されるプランとは別案のプランを作って提案するというのは、

よほどの知識がないと難しいです。


顧客側としては、プランを立てるまでのことは出来なくても

最低限、自分で契約した内容を把握することは必要です。


分からないところは、しつこいほど営業社員に質問しましょう。

そして、どうしても理解できなければ

契約はしない方がいいです。断る勇気も必要です。


随分前に、漠然と、民間医療保険の契約をした覚えのある方は

恐らく、見直し甲斐があると思います。

まずは、公的医療保険制度を理解してみるところから始めてみることを

お勧めします。

長くなりましたが、高額療養費制度の説明が入っている記事はこちらです。

グッドライフプランニング

元病院受付のファイナンシャルプランナーです。家計から資産運用、相続等お金にまつわる諸々の相談をお承りします。調子が良くない時は、まず近くのお医者さんに行きますよね。お金の相談も同じです。まずは近所のお医者さんに掛かるくらいの感覚でご相談ください。