フリーランスになろうかと考えている正社員の方と、すでにフリーで領収書を整理中の方へ

年も明け確定申告の準備が済んでいる、あるいは今着手している

というフリーランスの方も多いかと思います。

今年に入って初めて買った本なのですが


「経費で落とす!領収書」

こういったタイトルの本は非常に多いのですが、そんな中とても読みやすい本でした。

知っていることも含め、ちょっとグレーゾーンに思っていたことなど

書いてあってなかなか面白かったです。


仕事関連の書籍を買って読むというのは

自分に知識を入れることにももちろんなるのですが

「知識をいかに分かりやすく説明しているか」

というところを、いつも参考にしながら読みます。

易しい言葉で、分かりやすく、短く

意外と難しいです(苦笑)


さて、年も明け(さっきも書いた)

新たな目標を決めたりもしますが、その中で

「正社員を辞めてフリーランスになる」

なんて、決意した方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方へ向けて、フリーランスと正社員の違いをざっくり説明していきたいと思います。


大きく分けると

社会保険

税制

働き方

の3つに大きな違いがあります。


まず、社会保険についてですが

厚生年金から国民年金に変更となります。


年金の話は長くなるので、あまりここで詳しくは説明しませんが

厚生年金が2階建てで、国民年金は1階建てと言われるように

国民年金のみの場合の方が、年金受給額は少ないです。


ついでなので書きますが、今年の4月からは国民年金の方向けに

産前産後の保険料免除制度が始まります。

該当される方で気になる方は、厚生労働省のHPをご覧くださいませ。


健康保険関係での違いは、正社員の場合

業務外の病気やケガのときに受け取ることができる

傷病手当がフリーランスにはありません。

気になるフリーランスの方は、自分で民間の保険に入るなどの用意が必要です。

そして、想像はつくかと思いますが、雇用保険・労災保険もフリーランスにはないです。


税制面等では

もちろん退職金などは基本的にありません(共済や民間等の保険に入らない限り)

経費を計上できます。
青色申告の場合、最大65万円の控除が受けられます。


働き方は、こちらも想像つくかと思いますが、続ければ何歳までも収入を得られる

(いくら稼いでも年金額の減少なし。

 定年後の再雇用などは額によっては年金額の減額あり)

自分の力次第で収入を増やすことは可能、時間はもちろん自由、などなど。


両方のメリット・デメリットを天秤にかけ

いざ、後悔のない決断をしてみましょう。


まだ、迷いがある等、ご質問ありましたら是非ご連絡くださいませ。

無料相談会をご利用いただいても結構です。


お知らせ
物を買うだけじゃない?!お年玉の喜ぶ使い方」講座
10日開催です。6日まで受付しています。
詳細はリンクへ。


1月無料相談会の予定は30日13時から15時まで
札幌エルプラザ4階 リラコワにて行います。
1回30分程度です。ご予約をお承りしておりますので
HP上お問い合わせフォームからご相談内容をお知らせください。
追ってご連絡差し上げます。お気軽にご利用ください。

グッドライフプランニング

元病院受付のファイナンシャルプランナーです。家計から資産運用、相続等お金にまつわる諸々の相談をお承りします。調子が良くない時は、まず近くのお医者さんに行きますよね。お金の相談も同じです。まずは近所のお医者さんに掛かるくらいの感覚でご相談ください。